×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鍵当番24 別館 ”鍵の知識について学ぶ”

鍵の最新技術

ホーム > 鍵の新技術について

電気錠の発達


現在、鍵の新技術としてあげられるのは、やはり電気錠(あるいは電子錠)ということになります。
電気錠は、従来使用されてきた金属製の鍵のかわりにテンキー・ICカード・デジタルキー・携帯電話などの機器や人間の体の一部(静脈、指紋、目、顔など)で個人を特定するいわゆる生体認証技術が使用されます。
また、防犯性に関しても上記技術を併用し、施錠/開錠の履歴管理などができるシステムを組めばかなり向上することになります。また、鍵穴が無い為、ピッキング・バンピングの問題は無くなります。
(電源として内蔵電池を使用するものもあり比較的安価に設置・交換・追加(補助錠)が可能であるが、これらは、監視機能や入退出管理機能と連動した電気錠システムに対して防犯性が劣ることから、単に”キーレス錠”と呼ばれる場合もあります。)
ただし、電気錠といえども電子部品の故障や暗証番号のハッキングなどの問題があり防犯性が完全というわけではありません。

ICチップタイプの電子錠




イモビライザーとは、鍵の中に格納されている固有のコードと自動車が持つコードを照合し一致した場合にのみエンジンを始動させるセキュリティシステムのことです。 単に形状が一致する鍵により、自動車のキーシリンダーを回すだけではエンジンは始動しません。


関連サイト:イモビライザートラブル対応 鍵当番24



関連サイト
自分で取り付ける火災報知器鍵のトラブルなら鍵当番24南京錠の館鍵の館鍵当番24モバイル鍵修理の鍵当番24(モバイル) ハウスクリーニング受付 |トイレつまり 水漏れなど水道トラブル受付 |イモビライザー鍵トラブル 合鍵作成サービス |ホーム用金庫 業務用金庫の鍵開けに迅速対応